インフルエンザ治療薬は流行してから処方されても遅すぎます。早期服用でなければ意味がないインフルエンザ治療薬を常に手元においておきたい、と考えている賢い方はこちらのサイトをご覧になってください。

鳥インフルエンザにおける予防的投与の役割

インフルエンザや鳥インフルエンザに初期症状は、一般的な風邪と非常によく似ています。しかし高熱や関節の痛みや強い倦怠感があり、長期間に及びます。インフルエンザや鳥インフルエンザはウイルスが原因であり、体内に入り込み細胞が正常に機能するのを妨げます。その結果呼吸器官の働きが著しく弱まり、咳やくしゃみなどを引き起こします。さらに飛沫感染するため、感染が広がりやすいのも特徴です。予防的投与を行うことでウイルスの繁殖を防ぐことができます。インフルエンザや鳥インフルエンザ対策として薬の予防的投与を受けることで、感染した場合症状の悪化を防ぐことができます。ウイルスが油断できない点としては、変異を繰り返しながら増殖したりして新たな形になることです。そうなると体内に備わっている免疫機能だけでは対処することができなくなります。また薬の予防的投与により耐性を作り出してしまうこともあるので、指示をよく守って服用する必要があります。さらに日常生活でインフルエンザに感染しないように注意することも欠かせません。ウイルスは咳やくしゃみで感染します。マスクの着用や石鹸を使った徹底的な手洗いなどで、ウイルスを持ち込まないようにしなければいけません。家族であってもタオルの共用は避けるようにします。不特定多数に人が触れる部分はこまめに消毒するようにします。なお鳥インフルエンザは鳥から人に感染するものであり、人から人には感染しないとされています。仮に鳥インフルエンザに感染した肉や産んだ卵であっても、十分に加熱するなら問題はありません。また気温の低い冬季はウイルスの生存期間が長くなり、人に体内に入ることで活発になるので注意が必要です。