インフルエンザ治療薬は流行してから処方されても遅すぎます。早期服用でなければ意味がないインフルエンザ治療薬を常に手元においておきたい、と考えている賢い方はこちらのサイトをご覧になってください。

インフルエンザも始まりだす8月の初期症状

インフルエンザは冬に感染するというイメージを持っている人も多いですが、情報などが出回りだすのは大体8月末ぐらいからで、翌年の8月始めぐらいを目処に1シーズンとして提供がされています。予防接種自体は秋を過ぎた頃からお知らせなども出てきますが、感染自体は夏が終わった頃から少しずつ増えてくると考えてもいいでしょう。

インフルエンザの初期症状に関しては、型によっても違いはありますが、一般的に高熱と様々な全身症状が起こります。手足の関節に痛みを感じたり、頭痛や気だるさを感じたりするなど、風邪とは違う症状になります。初期症状で何となく高熱が出ただけだろうと思っていても、調べてみれば実はインフルエンザだったということは良くあることです。

8月頃であっても、感染分布などを見て自分の住んでいる地域近辺に発生しているようであれば、初期症状の状態も確認した上で病院で診察してもらうといいでしょう。特に何もなければそのまま薬を飲んで安静にする事で対処が出来ますし、インフルエンザだったという診断になれば、今度は自分が感染源とならないように自宅で療養をしてウイルスが抜けるまで待機する事になります。

感染のピーク自体はやはり冬である1~2月頃が多くなります。けれどもだからと言ってその時期だけ対策しておけばかからないだろうという事はありません。自分が感染しなくても、ウイルスが衣服や物に付着している可能性もありますし、たまたま熱などの症状が出なかったという人もいます。B型だと高熱より胃腸などに症状が出ることが多く気がつかない場合もありますから、予防接種などの対策は出来るときにしておいて、うつさない・もらわないを念頭において予防をしながら過ごしましょう。