インフルエンザ治療薬は流行してから処方されても遅すぎます。早期服用でなければ意味がないインフルエンザ治療薬を常に手元においておきたい、と考えている賢い方はこちらのサイトをご覧になってください。

インフルエンザの伊勢市予防接種と吐き気などの副反応

インフルエンザの予防接種を受ければ、感染を防ぐことはできませんが、重症化するリスクを低下させます。特に65歳以上の高齢者は、インフルエンザによる死亡率が平均よりも高いため、予防接種の効果も大きいと言えます。予防接種を受けてから免疫ができるまでには、約半月ほどかかるとされています。ですから流行する前に接種を受けることが大切です。
伊勢市予防接種には、子どもの定期予防接種や子宮頸がん予防接種などと並んで、高齢者インフルエンザ予防接種も含まれています。いずれも伊勢市に住民票があれば受けることができます。基本的にインフルエンザ予防接種は全額自己負担になりますが、伊勢市予防接種を利用すれば、1000円程度の料金で受けられます。ただし年度によって異なるため、希望する方は市役所に確認してください。また伊勢市予防接種の対象になっているのは、インフルエンザの場合は65歳以上の方、または60歳以上で身体障害者手帳1級程度の方のみです。
インフルエンザ予防接種の副反応として、注射の跡が腫れたり痺れたりすることがあります。また吐き気や下痢、発熱や頭痛が起こる場合もあります。予防接種に使用されるワクチンは不活化されており、これを注射したために感染することはありません。しかし抵抗力の弱った体には負担がかかることもあり、吐き気や下痢の原因になると考えられます。ワクチンの製造には鶏卵を使用することから、卵アレルギーの可能性も考えられます。たいていの副反応は2、3日で治まるので、あまり心配することはありません。しかし高熱が出たり吐き気がひどかったりするときは、万一の場合を考えて、できるだけ早く医師を受診する必要があります。