インフルエンザ治療薬は流行してから処方されても遅すぎます。早期服用でなければ意味がないインフルエンザ治療薬を常に手元においておきたい、と考えている賢い方はこちらのサイトをご覧になってください。

インフルエンザと異なる鳥インフルエンザの脅威と予防

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによって人から人へと感染します。鳥インフルエンザは、現在の所は明確に人への感染事例はありませんので、人へは感染しないとされています。よって、感染時の具体的な症状等も当然分かりません。
しかし、もし人に感染するような事があれば非常に深刻な問題となります。通常のインフルエンザに対しては有効なワクチンがありますが、鳥インフルエンザについては安全で有効なワクチンがないからです。もし、これに感染した人が現れ、その人から他の人へ感染する様な事になれば、新たなウイルスの発生となります。そして、免疫やワクチンが無いため感染者が急速に拡大する可能性があります。
この様な事態を防ぐためにも、鳥インフルエンザに対しても注意が必要になりますので、インフルエンザ同様に予防や対策が必要です。予防については、状況により方法が異なります。人間から人間への感染予防については、通常のインフルエンザと同様に、ウイルスを体内へ取り込まないために、外出後の入念な手洗いやうがい、調理や食前の手洗いをする事が基本的な方法となります。また、空気感染の可能性も考え、外出時にはマスクの着用を徹底することも重要です。しかし、感染経路が鳥から人間に対する場合は、さらなる注意が必要です。それは、鳥との接触です。例えば、食材として使用する場合は、それを食することにより感染の恐れがあるため、十分に加熱する必要があります。また、鳥の糞からも感染が考えられますので注意が必要です。
今の所、鳥インフルエンザは人に対する脅威とはなっていませんが、新たな脅威の発生を防ぐためにも、感染者が発生しない様に十分な予防と対策をすることが重要となります。